クロスバイクにカーボンフォーク装着

結構前のことなんですが,クロスバイクのGIANT CRS2にカーボンフォークを装着しました.
下の写真で,下の方の前輪のところが黒くなっているのが分かるでしょうか.
超モノズキな改造です.

取り付けたのはタキザワのクロスフォーク.サマーセール中で約14000円で購入しました.
取り付けは,最寄のスポーツサイクルショップでやってもらったのですが,工賃は6000円でした・・・
ちょっと高いかと思ったけど,持ち込みのフォークを安く付けてくれる店を探してさまよい歩くのは嫌だったので.
まあ合計2万でフォークを交換したわけです.バカですよね.

これまで乗ってみた感じでは,このフォークはこのフレームに非常に合っているようです.
全体の重量は大差ないものの,フォーク単体は相当軽くなったので,前後バランスの改善とカーボンの特性で,前よりレスポンス良く進みよく曲がるようになりました.
性能とは関係ありませんが,平坦なアスファルト上を走っているときにロードノイズがフォーク内部で反響する「コォー」という音がたまりません.

現在の仕様は,シフターがLXのデュアコンでチェーン周りがTIAGRA.ペダルはSPD.
ホイールがリア完組み,フロントはスポーツハブダイナモにALEXのリムで手組み.
細かいところでEASTONのハンドル,セライタリアのサドルという感じです,
あえて細かいグレードは書きませんけど.

ちなみに,元はこんな自転車でした.真ん中のフレーム以外全く別モノになっています・・・

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp