村上春樹「海辺のカフカ」

村上春樹の「海辺のカフカ」を読んだ.
読む前は,タイトルの印象から何か文学的な物語なのかな,と思っていましたが,実際はそうではなかった.


なら何だったのかと考えてみると,それまでの春樹的なものをすべて含み結論らしきものもある物語,といったところ.
それは「ノルウェイ~」的なものだけでなく,「ねじまき~」や「スプートニク~」,「世界の終わり~」も全て.
そうしたものをほどほどに含んだ「お中元セット」的な物語かなという印象だった。
こういうことを書いてるところからして,それほど面白いとは思わなかった,ってことなんだけど.
まあ,「ねじまき~」よりは面白かったんだけどそれ以上のものという感じはしない.

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp