ETCの割引

ETCを利用していると、料金所が速いだけでなくさまざまな割引の恩恵が受けられます。これを利用しない手はありません。
通勤割引や大都市近郊の早朝夜間割引は、料金が50%引きになるのでこれを利用しない手はありません。どちらの割引も100km以下の走行でなくてはならないので、あらかじめ100km以下の区間に区切って計画を立てておいて、インターチェンジで入りなおせばOKです。
ここで注意しないといけないのは、通勤割引は1枚のETCカードにつき朝1回、夜1回しか適用されないことです。
したがって、100km以下の区間を連続して2つ通過して、いずれも通勤割引の条件を満たしていても、最初の区間しか割引になりません。まあ、なるだけマシとも言えますが。
そこで、早朝から長距離を割安に走りたい場合の計画としては、「深夜割引->通勤割引」とか、「早朝夜間割引->通勤割引」といった組み合わせになります。
深夜割引は割引率が低い代わりに100kmという制限がないので、朝4時ちょっと前に乗りさえすればOK。そして最後の100kmの区間に朝9時までに乗れば、全区間が割引にかかります。
早朝夜間割引では、大都市近郊区間を一つでも通過することが必須ですので、割引時間内に近郊区間の終わりから一つ手前のインターチェンジで入りなおし、そこから100km以下で引っ張って、通勤割引の時間内に再び乗りなおせば結構な距離が稼げます。
まだETCの装着率はそれほど高くないようですが、今後そうした計画を自動で立ててくれる乗り換え案内みたいなサービスが人気になるのかもしれませんね。
<参考>
ETC総合情報ポータルサイト 割引情報
ドラなび ETC情報

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp