XBOX/XBOX360のパッドをPCで

たまにはPCでゲームもするわけですが、キーボードで遊ぶのも味気ない。
かといって、電気屋で二束三文で売られているショボいUSBパッドでは、ゲーム機と比べて物足りない。
そこで、XBOXやXBOX 360のゲームパッドをパソコンで使うという手があります。


XBOX 360のコントローラは、もともとWindows XPに対応しているため、買ってきて刺せば勝手にドライバをダウンロードして使えるようになります。
しかし、そのままでは軸やボタンの配置が調整できません。
これは、フリーのドライバをインストールすることで解決できます。
Xbox/Xbox 360 コントローラー用デバイス ドライバ
XBOXのコントローラは、一部の店では既に投売り状態になっているため格安で入手できます。しかし、そのままではコネクタの形状が異なるためUSB端子に刺さりません。
そこで、変換ケーブルかコネクタの改造が必要になります。
今更わざわざ変換ケーブルを買う意味もあまりないと思われるので、自分で改造できる人向けでしょう。
XBoxのPADをPCで使う。
XBOXのコントローラにはMicrosoft製のドライバがないので、上記のドライバのインストールが必須になります。
インストールしただけではゲームによっては中心がずれていることがあります。そんな時はきゃリブレートしましょう。
XBOX360コントローラのキャリブレート

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp