MovableType 3.2

MT 3.2が来たぞ、ヨーホーホー!
ということで、暇なので入れてみました。


別に用はなかったんだけど、アップグレードが簡単になったとかUIがきれいになったとかファイル名がカスタマイズできるようになったとか、いろいろ改良されているようです。
とりあえずTemplate Backup and RefleshとStyleCatcherに興味があったので試してみることにしました。
ちなみに、mt-blacklistはMT本体に同等の機能が付いたので必要なくなったようです。
mt.cfgがmt-config.cgiに変わっていましたが、アップしてmt-check.cgiを呼んでログインするだけでアップグレードはほぼ自動的に終わりました。
テンプレートは前のを引き継いでくれたものの、多少MTTagが変わっているようなので、自分で作っている人は見直したほうが良さそうです。
続いてStyleCatcherを入れてみたんですが、ブログのプラグイン一覧でStyleCatcherの設定をしても”Please configure the settings for this plugin before using it.”と怒られる。
よくわからないから半分あきらめていたら、MTのトップページの右下にプラグイン一覧があって、そこから設定したらちゃんと動きました。
トップページの機能が増えたことで、ブログごとのページとの機能の分担があいまいになった感じがします。
Template Backup and Refleshは、てっきり一括でファイルに落としてくれるもんだと思っていたら全然違いました。
自分でテンプレートをいじってみたらエラーが出てビルドできなくなって困った!という状況を回避するものっぽいです。
まあ、大きく変更されているので問題点が解決されるまで待つのもいいかと思います。
とか言ってたら3.2 Release 2が出ました。もうしばらく待った方がいいんじゃないかな~。

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp