F1 佐藤琢磨

今期大不振に陥っている日本人F1ドライバー佐藤琢磨ですが、チームメイトのジェンソン・バトンの残留が決定したためBARの空きシートはなくなりました。また、来期BARはバトン&バリチェロということになりますが二人とも複数年契約のようなので、また1年テストドライバーをやればレギュラー昇格という可能性もなくなりました。


そういう状況の中で、すでに琢磨自身もBAR離脱という方向を固めたようで、既に他のチームと交渉を始めているようです。
一番可能性があるのはジョーダンです。1年レギュラードライバーをやっていたこともあり可能性は高そうです。トヨタエンジンを使っているため、トヨタが琢磨に興味を持てばほぼ確実になるでしょう。
ただし、来期はミナルディーがレッドブルになるのでジョーダンは相当本気で開発しない限り最下位のチームになってしまうことになります。
また、琢磨がトヨタのドライバーというイメージになるとホンダに復帰することはほぼ不可能になると思われます。
あとはウィリアムズが不振のウェーバーの契約を切ると空きができる可能性があるとか。
可能性は低そうですが、個人的に琢磨はフランク御大好みのドライバーだと思うので、是非ウィリアムズで走ってほしいところです。
まあ、今年の成績はかなりアレだった、ってことになりそうですが、バトンだってルノーの1年目は振るわなかったりしていたわけで、F1ドライバーはそういうものだとすれば来年走らないという選択はありえないでしょう。
正直、BARは作戦もマシンもイマイチなチームだと思うので、V8になる来期は意外と移籍して正解、ってことになるかもしれません。
ソース
Nifty F1
F1GPNews
F1News
F1Racing.jp

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp