三菱自動車の電気自動車「COLT EV」

三菱自、インホイールモーターとリチウムイオン電池搭載の次世代型電気自動車「コルトEV」を開発
三菱自動車 インホイールモーターとリチウムイオン電池をコア技術とした次世代型電気自動車の開発を推進
一連の不祥事からいまいちイメージの良くない三菱自動車ですが、リチウムバッテリーにインホイールモーターという現実的な電気自動車の開発を進めているようです。
他の自動車メーカーは、電機メーカーに主導権を奪われまいと電気自動車には及び腰でしたが、その点三菱自動車はグループに重工や電気があるのでやりやすいのかもしれません。
しかし、最大トルク600N・mですよ。ランエボが大体400N・mですからね。アクティブデフもソフトウェアで実現可能ときています。ぜひ乗ってみたい。
くだらないダジャレで恐縮ですが、電気自動車が充電するところは「ガソリンスタンド」ならぬ「電気スタンド」なんでしょうか。それも気になります。


ダジャレだけ書いて逃げるのもアレなのでもう少し詳しく書いておくと、インホイールモーターのメリット・デメリットは次のような感じです。
メリット
駆動部品が不要なので、車内のレイアウトが自由になります。特に、後輪駆動の場合に必要なプロペラシャフトがいらなくなります。同時にメンテナンスコストも下がります。また、動力の伝達ロスが大幅に減少します。
デメリット
モーターがホイールに内蔵されることによる、バネ下重量の増加があげられます。これは、車両の運動性能の悪化やサスペンションへの負担の増加が考えられます。また、インホイールモーター自体が結構大きいので、FF車を作るのは難しいかもしれません。
そういえば、日産のマーチにe4WDというのがあるのですが、あれは後輪だけモーターで駆動するようになっていたのでインホイールモーターだったのかなと思って調べてみたら、リアデフにモーターが組み込まれていてドライブシャフトを介して動力を伝達する仕組みでした。
あと、エネルギーはリチウムバッテリーのようですが、電池の持ちが問題です。ある程度はブレーキング時に回生モーターで発電するようにすることで改善するはずですが、一回の充電で300kmくらいは走って欲しいところですよね。
また、エアコンは別にモーターを回さないといけないわけで、夏場はその分の消費電力も馬鹿にならないと思われます。
まあ、バッテリーに関しては柔軟に組み合わせていくようなので大丈夫そうですが。
なんだかんだ言って三菱自動車はいい車を作っている会社だと思うので、これからもがんばって欲しいところです。

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp