2005 F1モナコGP

Williams-BMWのNick HeidfeldとMark Webberがダブル表彰台でした。
二人ともスタートでルノーに出遅れながらも着実に走って、コース上で追いつめて見事にオーバーテイク。苦労人の二人が難しい状況のチームで出した最高の結果ですね。
レースはライコネンがひたすら逃げるだけというマクラーレンの必勝パターンではあったものの、後半、ペースの上がらないルノーのアロンソとフィジケラを抜こうと随所で激しいバトルが繰り広げられて、見所の多いレースでした。


それにしても、ヌーベルシケインでウェーバーがアロンソを抜いて、止まりきれなかったアロンソがコースをショートカットしたにもかかわらず前を譲らなかったのはすごく感じ悪い。
もちろんブロックするのは悪くないけれど、どうもルノーチームはダーティーな印象があるんですよね・・・

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp