映画「Ray」

Ray
今では黒人音楽と言えばR&Bやヒップホップですが、かつてソウルと呼ばれていた時代がありました。
そして、昨年(2004年)6月に亡くなった、「ソウルの神様」レイ・チャールズの一生を描いた映画、「Ray」が昨日で公開最終日だったので観てきました。


タバコの煙が漂う中、サングラスに白い鍵盤を映しながら”What’d I Say”を演奏し始めるというオープニングで、いきなりシビレました。
幼くして視力を失いながらも、母親の教えに従って強く生きていくレイ。その中で様々なエピソードとともに曲が演奏されていくのですが、特に”Hit The Road Jack”を即興で演奏するところが良かった。
主演はジェイミー・フォックスなのですが、レイ・チャールズ本人が認めただけあって仕草までそっくり。
ちょっと長かったけど、見応えのある映画でした。
それにしても、”Unchain My Heart”が流れ終わってスタッフロールになっても誰も席を立ってなかったのは何だったんだろう。
Ray オフィシャルサイト
Ray レイ – goo 映画

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp