mp3プレイヤーとイヤホン

HyperHyde Exrougeとイヤホン
実家に帰省するので、たまには使ってやろうとmp3プレイヤーを引っ張り出してきました。

mp3プレイヤー

I/O DATA MDM-H205W “HyperHyde Exrouge”
なんか、だいぶ以前に安かったからつい買ったのですが、全然使わないまま放置していました。
使いやすいのかどうかは微妙ですが、音は良いと思います。見た目はまさにポケベルです。単四電池一本で動きます。
iPodより小さいから悔しいなんて思わなかとです。
次に買うとしたらCreativeかRioかな。著作権保護とかない方が便利だし。

イヤホン

ヘッドホンで有名なゼンハイザーのMX500(写真右上)と、SonyのMDR-E931LP(写真左上)を使っています。
SENNHEISER MX500
ゼンハイザーの方は、見た目がブルーのメタリックで高級感があり、音質の方も中低音域が非常に良いです。
しかし、あまり耳に合わないのか長時間使うと圧迫感が気になります。
それにケーブルの途中にボリュームが付いているのが余計だったり、右側と左側のケーブルの長さが同じだったりと、あまり作りが良くないです。
まあ、安いので、ちょっと音のいいイヤホンを使ってみたい、という方にはおすすめ。
MDR-E931LP/B ステレオ・イヤーレシーバー -Sony Style
Sonyの方は、以前MDR-E868LPという上から2番目のグレードのものを使っていて、使い心地も音質も非常に良くて気に入っていたのですが、5年以上使ったので、ゴムが傷んでだめになってしまいました。
で、同じのを買おうかと思ったらもう売っていない。奮発して最高級グレードのMDR-E888LPでも買ってやろうかと思ったら、868より余計に高音が出るだけという評判のようで、そもそも相当古い(10年以上前?)製品だし本当に8000円の価値があるのか怪しい。
そう思って調べていると、931というのが割と新しくて、安いのにネオジウムマグネット採用だったりして良さそうだったので買ってみました。
安いのにかけ心地は悪くないし、まともな音が出ます。さすがSonyです。
でも、やっぱりSonyには1万円くらいしてもいいから最強のイヤホンを作って欲しいなぁ。

SDメモリーカード

mp3プレイヤーに64MBのMMCメモリーカードが付属していましたが、64MBではアルバム一枚入るかどうかという程度です。最近は大容量のものも安くなってきたので、秋葉原のジャンク屋さんQCPASSで256MBのものを買ってきました。
256MB SDメモリーカード
見た目からもろバルクですが、ちゃんと使えました。
でも書き込み禁止のスイッチがスカスカで困ります。もうちょっと奮発して512にすれば良かったかな・・・
ついでに転送速度を測ってみました。

Name Read Write RRead RWrite
64M MMC 895 354 895 185
256M SD 895 839 896 401

HDBENCH Ver 3.40 beta 6
USB1.1のカードリーダーで測ったため、明らかに遅いです。でも、書き込みが気持ち速くなったのは実感できました。
やっぱUSB2.0のを買ってこないと意味ないですね。

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp