MonsterTV3 LiteとふぬああでTVキャプチャー

MonsterTV 3 Lite
さて、私はいつもパソコンでテレビを見ています。
これまではNECのSmartVision Pro2 for USBという製品を使っていたのですが、たまにブロックノイズが出るし、熱暴走するしで多少(?)不満があったので、そろそろ新しいのに手を出してみることにしました。


最近のTVキャプチャーカードでは、MPEG2によるハードウェアエンコーディングのものが主流で、ハードウェアエンコーダを搭載しながら1万円を切る価格のものまであります。
今回はデスクトップパソコンに内蔵するタイプのものにしようと思っていて、なおかつキャプチャカードとサウンドカードをオーディオケーブルで接続しなくてよいもの、という条件で探していました。
ELSA EX-VISION 1500V
Canopus MTVX2004 製品情報
NEC SmartVision HG2
このうち一番メジャーと思われるCanopusのMTVはサウンドカードに接続しなくてはならないようなので却下。
NECはこれまで使ってきたのと同じシリーズで安心感はあるけれど、不満も多かったし変わりばえしないかな、と。
ELSAはこのレビューを見てかなり好印象。
元麻布春男の週刊PCホットライン
2枚挿し可能なTVキャプチャカード「ELSA EX-VISION 1500TV」を試す

でも、bitcastブラウザは個人的にあまりイメージが良くない。
結局、ハードウェアエンコーディングのカードって、専用ソフトの出来ですべて決まってしまうところに不満があります。

MonsterTV3 Lite

とか、考えているとずっと決まらないので、それならばソフトを自分で選べるソフトウェアエンコーディングのものにしよう、ということで、これを買ってみました。
MonsterTV3 Lite
この商品は、GRTも3DY/Cもないし、そもそもハードウェアエンコーダすらないので、「こんなの何がいいの?」と思われるかもしれませんが、これがなかなか侮れないのです。
どういいのかというと、
1. まあまあ高画質
2. 音声をサウンドカードにつながなくてよい
3. DirectShowのキャプチャデバイスとして使える
といったところです。
1は、カードそのものの性能もありますが、視聴ソフトの方でDScalerというフィルタを搭載しており、インターレス特有のコーミングノイズを取り除いたプログレッシブな感じで見ることができます。
2は必須条件ですね。
3は、何がいいかというと、DirectShowに対応していれば、バンドルされているソフトだけでなく、WinVCRやPowerVCRなどのソフトを使って見ることもできます。また、フリーソフトでは「DScaler」や「ふぬああ(HunuaaCap)」というソフトが有名です。今のところDScalerはMonsterTV3Liteには使えません。
では、その「ふぬああ」は何がいいのか、ということになりますが、
ふぬああ
このソフトは、DirectShowのフィルタを自分で設定することができ、圧縮もAVIのCodecを使用することができます。
EPGなどには対応していないので、ガンガン予約録画する人向きではないですね。

ふぬああの設定(デバイス)

・「デバイス」の「ビデオデバイス」を「MonsterTV」
・「デバイス」の「オーディオデバイス」を「None」
・「グラフ1」と「グラフ2」の「ビデオ」と「オーディオ」は「プレビュー」、「クローズドキャプション」は「無し」
・「グラフ1」の「ビデオタイムスタンプ付プレビュー」と「オーディオタイムスタンプ付プレビュー」を「On」(音ずれがなくなります)
・「グラフ2」の「スマートティーを使用する」を「On」
・ビデオフィルタにDScaler Deinterlace Filterを設定

デバイス
デバイス設定->デバイス
グラフ1
デバイス設定->グラフ1
グラフ2
デバイス設定->グラフ2

ふぬああの設定(コンプレッサ)

このソフトで録画する場合、一般的にHuffyuvという可逆圧縮のCodecを使うのがポピュラーなのですが、私は長時間録画することが多いので、DivXの圧縮率を低くして使っています。音声はLPCM(非圧縮)です。
設定としては、
・DivX5.21 Pro
・エンコードパフォーマンス: 高速
・ビットレート: 4000kbps
・エンコードモード: ワンパス
・インターレーシング: インターレス解除ソース
という感じで、録画中はCPU使用率70~80%くらいです。
最近はXviDの方が軽くて画質が良いことに気付いて、主にXviDを使っています。
設定のコツをちょっとだけ書いておきます。
・B-VOPオフ
・デバッグウインドウを非表示

録画ファイルの編集

録画したファイルの形式はAVIになるので、キャプチャした後の編集も簡単です。私はVirtualDubという編集ソフトを使っています。
このソフトはキーフレーム間の移動が非常に速いので、CMのカットが楽です。
そういうわけで、安物を頑張って使っているみたいではありますが、なかなか高画質だし、安定して視聴、録画できるようになりました。
あまりおすすめはしませんが、興味がある人のヒントになれば幸いです。
ちなみに最近はノートパソコン用もあります。
MonsterTV Pocket

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp