F1 イギリスGP

このあいだのアメリカGPで、佐藤琢磨が日本人としては久しぶりの表彰台を獲得してF1人気も高まっている様子。
佐藤はスタートが上手いしコース上でガンガン抜いてくれるので見応えがありますね。
今回のイギリスGPですが、ずっとヘロヘロだったマクラーレンがようやく速さを取り戻しました。
「ICEMAN」キミ・ライコネンはメルセデスのC-ClassのCMにも出ていますが、まさにミカの後継というべきフライングフィンらしい速さが光って良かった。
佐藤は、なんとか完走したものの冴えないリザルト。
予選から明らかに悪かったのに、関係者はみんな渋い顔で「戦略なので問題ない」という返事ばかりでした。
今年何度もエンジンブローでリタイアしていて、前戦もあっという間にリタイアしてしまったということもあるので、今回は佐藤のエンジンはかなり馬力を押さえていたのではないでしょうか。ズバリ遅すぎでした。
とりあえず1回表彰台には立ったものの、エンジンの問題が相当深刻そうなので、佐藤が活躍するのはまだまだ先になるかもしれない感じがしますね。
それまではライコネンを応援しておくか。

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp