DAHON SPEED P8 2003

私が普段の街乗りに使っているDAHON SPEED P8の2003年モデルですが、いろいろと不満な点が多かったので多少改造しました。
DAHON SPEED P8 2003


どうも1000km走ったあたりから変速の調子が悪くて、いくら調整しても3速がひっかかるようになった。それとチェーンが外れた時にチェーンガードが割れていた。
どうにも不満なので、通販でパーツを取り寄せて自分で交換しました。パーツはここで購入しました。
サイクルベースあさひ
交換したのはクランクと後ろのギアとペダルです。それぞれ付けたり外したりするには専用の工具が必要ですし、しっかり締めないと危ない部分なので、慣れないとなかなか大変です。
また、作業そのものにも大きな力をかけるので、工具や部品で怪我をしないよう十分注意しましょう。
今回装着したパーツ一覧
クランク: TIAGRAダブル FC-4400
チェーンガード: DURABI
ペダル: MKS(三ヶ島)シルバンプロムナード
カセットスプロケット: シマノ CS-HG70-8s (11-28T)
あと、リアエンドが正爪なため後輪を外しにくいので、軸をクイック用のものに交換。
交換後に文京区から中野まで行ってみた限りでは特に問題もなく、以前より変速もスムーズでこぎやすくなった。ギアが鋭くなったせいなのか、変速時にシャキーンって金属音がするようになったけど・・・
これでもういじるところはなくなったかな。
パソコンでも自転車でも、自分が使うものを自分でいじれるっていいなぁ、と思いました。
しかし既にパーツ代だけで3万くらいかかってる気が・・・
後日談になるのですが、バリバリにロードやクロスバイクに乗るようになってみて、自分にとって初めて乗ったスポーツバイクであるSpeed P8ってどうだったんだろう?とふと考えました。
ます思い浮かぶ良かった点は、見た目がかわいい、とっつきやすいということになるでしょうか。
これまでいわゆるママチャリを生活の道具としてきたわけで、スポーツ車をそういった観点から見ると違和感があるというか、魅力を理解できない部分があったように思います。そこでいわゆる小径車のような、ファッション性や趣味性の高いモデルは非常に魅力があるものでした。
とはいえ、実際乗ってみるといろいろと不満の多いところもありました。
最終的に一番気になったところはどこか?と考えると、それはシートポストとステアリングコラムの長さゆえのフレーム剛性の低さです。
折りたたみという機能を考えると仕方がないところではありますが、こいだ分だけ進むという感じがしない。走っていて自転車との一体感を感じなければ飽きるのは時間の問題です。
まあ感想をはしょって書くとそんな感じです。
もし、今折りたたみのスポーツ車を買おうとしている方がいたら、私はむしろ本格的なスポーツ車メーカーの安いMTBを薦めます。GIANTで言うとRock 5000、SpecializedならROCKHOPPER辺りですね。
パーツのグレードも、実際乗った感じも3万円のRock 5000の方が5万円のSpeed P8よりもはるかに上ですし、どこを走っても楽しい自転車です。
まあ、最初にどんな自転車に乗ったにしても、サイクリングロードを走るようになればロードが欲しくなるんですけどね。

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp