エレベーター

私はなんとなくエレベーターが苦手なのですが、特に閉所恐怖症ということもないのになぜだろうと考えてみると、ボタンの配置が分かりにくいからというのがあることに気付きました。
それはどういうことかというと、エレベーターの中の、目的の階を指定するボタンの並びがエレベーターによって違うということです。
10階以上あるエレベーターのボタンは大抵2行(ぎょう)になっていますが、たとえば左側の行に1~5が、右側の行に6~10があるエレベーターと、一番下の列が1,2、その次の列が3,4という風に下から左右交互に並んでいるものがあります。この場合、左の行に奇数階、右の行に偶数階が配置されていることになります。
また、ボタンそのものの並びもいろいろあり、左の行と右の行が互い違いになっているものと、そうでないものがあります。
私はどうもこの並びの違いに慣れなくて、毎日のように同じエレベーターに乗っているのにボタンの並びを1,2秒じっと見てしまいます。
これもいわゆるアクセシビリティーというものになると思うんですが、標準ってないんでしょうか。
あと、エレベーターの移動のアルゴリズムがどうなっているのかについても疑問がありますがそれはまた今度にしよ。

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp