skkime

MS某IMEが頭悪くて仕方ないので再びSKK-IMEを使い始めました。


さて、古来コンピュータにおいて日本語を処理するということは非常に困難なことでありまして、国産パソコンの黎明期には漢字を表示するために独自のハードウェアを備えたりしていたものでしたが、いつしか時代も進んで高速なCPUで綺麗なフォントがブラウザにスイスイと表示されるようになりました。
また、日本語には文字コードが何種類かあるため、昔のNetscapeではよく文字化けして表示されたものです。とはいえ、文字コードをHTML内に現れる文字から推測しているせいか、最近のものでも英語のサイトを見ると”It’s a sony”というような文章が、”It痴 a sony”と表示されたりします。
しかし、普段パソコンを使っていて日本語の不自由さを感じるのはなんといってもかな漢字変換(IME)でしょう。
このかな漢字変換というのは大変なことでありまして、今のIMEは膨大な辞書を用いて文節に分けたり候補を絞りこんだり学習したりと、ちょっとチャットで下らないことを入力するだけでも大仕事になってきています。それでもMS-IMEは馬鹿ですが。
という長い前置きを書いてみつつ、skkimeの紹介。そもそもSKKというのはSimple Kana Kanjiの略であることからも分かるように、一切の文法解析を省くことで非常にシンプルな入力を実現したかな漢字変換システムです。元々はEmacs-Lispで記述されていたようですが、今では移植されてWindowsのIMEとして使えるものがありがたいことにフリーで提供されています。
一応、文法解析をしないのにどうやって変換するのかを説明すると、例えば「走る」と入力するには、普通のIMEでは「hashiru」とするわけですが、SKKの場合では「HashiRu」とします。こう入力することで、Hashiが漢字の読みで、Ruが送り仮名であるという情報を付け加えるわけです。
で、それで何が良いかというわけですが、まず動作が軽快であることです。
そして、一般的なIMEでありがちな、関係ない漢字が出てイライラするということがありません。かと言って特に入力が速いというわけでもないですが。
また、操作がEmacsライクなため、使うキーの数が少なくてすみますが、これは慣れていない人にはつらいと思われます。
他には、IMEでの入力中に送り仮名を自分で考える必要があるため、漢字をイメージして入力するようになります。パソコンを使っているととかく漢字を忘れがちなので良いかもしれません。
skkimeオフィシャルサイト
skkime’s page
詳しいインストール方法の解説があります
[技術情報:SKKIME] System Design and Research Institute Co., Ltd.
辞書や使い方などはこちら
SKK Openlab
SKK Openlabでじっくり解説を読んでから使うことをお勧めします。
それにしてもついに自分もこんなん使いだしたなー、みたいな。

Author: _fp

Software Engineer Place: Tokyo, Japan Skills: C, Javascript, Objective-C, Perl, Clojure, Java, PythonErlang, Haskell, OpenGL Twitter: _fp